D99cf584a4a4a9aedba605f9b40982ea?1587217822
かぜの独り言

瀬尾まいこさん(本)

2021/10/14 20:06 趣味

どちらも瀬尾まいこさんの本です。


「夜明けのすべて」PMS(月経前症候群)の藤沢美紗28歳。

パニック症候群の山添孝俊28歳。

ふたりは栗田金属という会社で働いている。

ひとにやさしい会社。そこで、お互いの病気の事をしり

相手のためにできることはないか~と考え行動する。


そんな中で、自分の病気とも少しうまくつきあえるようになっていく~

こんな、やさしい会社、まわりの人々がいたら、

みんなが元気になれるような・・・・


「天国はまだ遠く」

遠くにでかけて「自殺しよう」と千鶴。

しかし、失敗に終わり、そのままその山奥の民宿に滞在してしまう。

そこでの初めてのいろいろな経験。なんでも教えてくれる田村さん

でも、ここからでよう~と行動する・・・


今のわたしだったら、行動した方がいいと思っても、すこし違うかな?

なんて思っても、現実の楽さでそのまま留まってしまう気がする


むっかし見た桃井かおりの映画、なんだったっけ^^:

そうそう「もう頬づえはつかない」だったかな

全然違うけど、最後動き出すエネルギーみたいなのがね


今のわたしには、ないなぁ・・・


と、へんな読後感でした(;^ω^)

これ←は少し前に読んだ本です。

ねこのお母さんも読まれたと書いてあったので、

嬉しくて~☆

中古本です。「強運の持ち主」

元OLが占い師に転身!「父か母か?」の選択や「外れても外れてもやってくる女子高生」「おしまいのみえる青年」「強運の持ち主のはずが???」

そのひとがよりよくなれるように、ちょっと背中をおすだけ~読むと元気になれるような、瀬尾まいこさんの優しさ一杯の本です!

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください