D99cf584a4a4a9aedba605f9b40982ea?1587217822
かぜの独り言

ライオンのおやつと生きる事・死ぬこと

2021/10/24 22:22 趣味 くらし 家族 健康

ライオンのおやつ、ドラマを先に観て、やっと本が手元に。

またドラマを観て~泣きました


最初にドラマを観て、2年前に亡くなった父の事を思い出し

父は癌だったけど、苦しむ事なく逝った

輸血をしないと死んでしまうけど、病院では輸血をもうしない

といわれ、

緩和ケアもだされた


緩和ケアは最初は、本当にここで死を迎える人用の施設だったけど

(家族がずっといられるような作りになっていて)

でも、今の医療体制では、今すぐ死ぬ人以外は他へ~

厳しい状況だったーー;


有料老人ホームが看取りまでしてもらえることと

輸血を「在宅扱い」でしてもらえる事

それが選んだ理由だった


実際入居してみて、いろいろな気持ちが沸いてきたけれど

父はここで亡くなった。

父が苦しい思いをすることなく、お世話になった皆さんに

「ありがとう~ありがとう~」と言って笑うように亡くなった事


「ライオンのおやつ」は死に向かうひとにとって、こんな場所が

あったら~という夢のような場所

美しい自然、優しい人々、おいしいご飯とおやつ・・・

こんな所で自分も最後を迎えたい~と思った人が多かったと思う!!


小川糸さんは、お母さんが死を目の前にして、

とても怖がっていらっしゃったので、この物語を書き始めたとか。

書いている間に、お母さん、お父さん、大事なお友達の

3人をなくされたとか


「生まれる事と亡くなる事はある意味背中合わせですからね」

「どっち側からドアをあけるかの違いだけです」

マドンナさんの言葉~☆


だれかが、この本と一緒にお勧めしたい本に

「食堂カタツムリ」をあげてらっしゃったけど

わたしは、「つるかめ助産院」をあげたい




クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください