D99cf584a4a4a9aedba605f9b40982ea?1587217822
かぜの独り言

読んだ本と、夕ご飯

2021/11/04 19:50 晩ごはん 趣味 くらし 家族 健康

「エミリの小さな包丁」森沢明夫


あまり期待してなかったのに、よかった~


恋人に裏切られ、すべてを失くした25歳の

エミリ

(最近このパターン多いよね^^:)

海辺の祖父の家へ転がり込む。

なにが面白いって、魚を釣って、本格的に料理をするところ。

思わず、食べたい~なんて思ってしまう^^:

そこから、エミリが元気になっていくお話だけど、最後

ちょっとホロリ。さすが、森沢明夫さん!

お料理好きの森沢明夫さん好きの方にお勧め~

(わたしは食べるのが好きなだけですが^^:)



「問う女」中島みゆき


昔、中島みゆきさんが好きだった。

あの暗い恨み節のような歌が。


でも、年月を経て、彼女は明るい希望に満ちた歌を歌うようになった。

図書館で彼女の本を見つけるとは!びっくりだったけど。

「夜会」という催しがあることは、聞いた事があったけど

よくわからず^^:

これは、1996年の夜会だった。25年前のものかな。


高校時代に、一番親しい友人をひどく傷つけてしまった「まりあ」が

アナウンサーやDj番組のスタッフになって、自分の言葉で話さないことに

ある意味、安堵さえ感じる。そんな彼女がある日、

日本語をほとんど話せない「じゃぱゆき」さんと出会う~。


昔の中島みゆきを彷彿させる内容だったが、これを舞台でやるって@@

ある意味面白かった作品です。


「糸」がでてきた本ってなんだっけ???

「瀬尾まいこさん」そしてバトンは渡された

にあったんだった☆彡

3番目のお父さんの「雨宮さん」が、

高校3年生の時に合唱祭で歌った

歌の伴奏の練習をしたんだった


いろんな、中島みゆきさんがいる。それが年を重ねていきていく事なのかな~。


https://cookpad.com/user_kondates/222645


枯れたと思ったクレマチスが一輪咲きました~☆


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください